リキダスは我が家の環境に合わなかったらしい

去年あたりから、ちょこちょこ肥料や活力剤を試しています。(^o^)

今回は、人気の高いハイポネックスの「リキダス」を試してみた。
試してみた…んですが…悲惨な結果になりました。(T-T)

使用したのは
・バジル(土植え・セラミス植え)
・パキラの水挿し
・パキラのセラミス植え
・ポトスの水挿し
・オリヅルラン(土植え)。
全て室内栽培です。
ちょっと規定量より薄めに作り、水挿しにはさらに薄めました。

バジル→元気がなくなる
パキラの水挿し→出ていた根が全部落ち、一本は枯れた
パキラのセラミス植え→変わらず
ポトスの水挿し→葉の色がくすんで元気がなくなった
オリヅルランの土植え→葉が3枚枯れ、他の葉も途中から折れるようになった

こんなことは初めてでびっくりしています。というか悲しい。(T-T)
急いで土植えは水で洗い流し、水挿しは水を替えました。
根が全部落ちたパキラはペンタガーデンを加えました。
セラミス植えは明日洗い流そう…。

大塚ハウスとメネデールで元気に根を伸ばしていたパキラの水挿しが全滅したのが本当に痛いです。
ちなみに液はきちんとピペットで計って使用しました。
しかも初めて使用する物は必ず規定量より薄く作って使用するようにしています。
よほど我が家の環境が合わなかったのでしょうか?
それとも、窒素量がみっちり入っていて、リキダスで大幅にオーバーしてしまったのでしょうか?
けど、水挿しは全部内容入れ替えたし…謎です。

怖いので、しばらくは大塚ハウスとメネデールと一部はペンタガーデン使用で行こうと思います。
また後日、上の3種類について書こうと思います。(^-^)
とりあえず
ドーピングとまで言われている「ペンタガーデン」
恐ろしく凄かったです…。Σ( ̄▽ ̄;)

広告

Local by Flywheelが入れられませんでした…

お久しぶりです。(・_・)
たぶん、あんまりためにならないメモ。(T-T)

WordPressのローカル環境を作りたくてLocal by Flywheelを入れようとしました。
すでにInstant WordPressで環境は作ってるけど、チャレンジ精神ってやつです。
あちこちで「たった5分で環境が出来ちゃう♪」みたいに書いてあるけど、
自分は6時間かかって挫折しました…。(_△_)

入れるにあたって、何かあったら困るので、最初に「システムの保護」をしておきました。(・_・)b
(そのもっと前にバックアップソフトでバックアップも取ってある)

んでもって、インストール時のエラーでつまづきました。Σ( ̄▽ ̄;)
インストールの2番目の「ホストマシン」のところで「Error creating machineなんちゃら」ってエラー。
調べたらBIOSいじって設定変えてね♪って書いてあるサイトを複数発見。
入れたFlywheelをアンインストールして、フォルダも削除して、パソコン再起動しながらDELキー押して
(パソコンによってはF2キーの人もいる)BIOS画面出しました。
「詳細」タブ(うちのは日本語表示だけど「Advanced」と表示されてる場合あり)の中の「Intel Virtualization Technology」を
有効(Enabled)にして「設定して保存」にしたよ。
その後はサクサクインストール出来たよ、一応。

い ち お う 。

でもね。(・_・)

起動はするんだけど。
サイト名も入ってるんだけど。
スタート押すと延々矢印がグルグルなんですよ。
いろんなサイト見ても、さくっと構築出来てるっぽい。
何度やっても、最後のここで構築出来ない。
たまに「コンテナが構築できへんで(-_-)」とかエラーも吐く。
Cドライブのhostsファイルを確認したけど異常がない。

そんな試行錯誤で6時間経過。
あきらめました。ヽ(´▽`)ノ

セキュリティソフトがなんか邪魔してるのかもしれないけど、
もう、なんか、試すのも疲れました…それに何度やってもいろいろ動作が不安定な感じなんですよね…。
Instant WordPressで複数WordPress構築する方法も発見したし、もういいかな~って。
今まで調べ尽くして大抵のソフトは入れてきたけど、こんな苦労して入れられなかったのは初めて。
Instant WordPressも全然インスタントじゃなかったし(バージョンアップされて仕様が変わったため)、
個人的には「Bitnami」が一番わかりやすかったかも?

というわけで、
最後は「システムの復元」で元に戻しました。(^-^;)
あんまり仮想マシン入れたくないからInstant WordPressで頑張ろうと思う。

サンスベリア用の室内用土を考えてみる

一昨年あたりから室内でサンスベリア(サンセベリア)を育てている。
NASAで空気清浄効果があるとか発表されたのもあるが、
部屋に緑があるのもいいかなぁと。
でも、虫やらカビやらは極力避けたい…ということで、
ウォーターサンド仕立ての物を買ってみた。
(ついでに木炭植えのパキラも買ってみた)
ウォーターサンドというのは、水を沢山含んで
水やりが少なくて良いというふれこみの松下電工が開発した人工の土。
汚れたら漂白剤で消毒出来たりする。
建物の廃材から再生して作ったというのがエコらしいんだけど、
廃材が安全かどうかちょっと気になったりもする。(マテ
買った鉢植えは、ハイドロカルチャー仕立てになっていた。
 
さて、いろいろ紆余曲折を経て、かろうじて生き残っているサンスベリア。
ここに来て、温度変化が急激なせいか、根腐れが起きて来ている。
最高気温が18度以下の冬場は全く水やりしなくて良いのだが、
11月はそのあたり微妙で水をやった後に気温が上がらないと辛い。
おかげで、この時期に葉挿しで延命しなくてはいけない事態に陥ってしまった。
 
というわけで、根本からサンスベリアの土について考えてみた。(・_・)
 
サンスベリアは乾燥地帯出身のお方。
水があまり好きでないので、自分のようなアバウトな人間でも育てやすい。
そういう点から考えると、実はウォーターサンドは向かないのではないだろうか?
何と言っても「水を飲む粒」で、セラミスよりも保水効果は高い。
なので、根腐れが起きやすいのではなかろうか?
ハイドロカルチャーってどうなの?
ネットで育てている人の書き込みを参考にしてみると、
「日向土オンリーでオッケー」らしい。(_△_)
日向土って九州産の軽石なわけで。
腐葉土とか使わなかったら虫やカビの心配もなさそう。
しかもウォーターサンドに比べたら安い、安すぎる!!
 
結果、今回葉挿し用に用意することになった物は
・日向土
・ハイポネックス マグァンプK 中粒
・酸素を供給する小さな鉢底石 ネット分包

本当は底穴のある植木鉢にセラミス植えを考えていたけれど、
保水のことを考えて変更した。
買ってしまったセラミスはパキラの植え替えに使おうと思う。
あと、土をアルカリ性にするために石灰を入れようかと考えていたが、
有機石灰の安全性が微妙で煮詰まっていたら、
マグァンプK を使えばちょっとアルカリ性に傾くと聞いて、
これ一本で行くことになりました。
 
今まで、ハイドロで育ててしまったサンスベリア。
辛い思いをさせてすまなかったと思う。
とは言え、そんな悪環境でも今年の夏に脇芽を出させた「メネデール」は
すごいヤツだと思った。