タスクスケジューラでバッチファイルが動かなかったので

もう何ヶ月も悩んでいた件がやっと解消した。(T-T)

バックアップはHD革命とFreeFileSyncを使っているんですが、
大きなバックアップは一週間に一回で、
ちょっとした小さなバックアップはFreeFileSyncでバッチファイルを作って
クリックしていました。

…めんどくさい。(_△_)

なので、Windowsのタスクスケジューラを使って、
自動実行させようと思って、何ヶ月も前から何度もトライしているんですが、
これが全く動かなくて。(ノ_・、)
昔のタスクスケジューラってこんなにややこしくなかった記憶があるんだけど。
「引数の追加」とか「開始(オプション)」とかわけわからないのが増えてるし。
でも、ちゃんと「開始(オプション)」にパス入れて試したり、
バッチファイルの冒頭部分を書き換えたり、
いろいろやったんだけど、全く動かなかった。
決まった時間にプログラム動かすだけのことが
なんで出来ないのよWindows。

同時にタスクスケジューラっぽいフリーソフトを探していたんだけど、
なかなか見つからなかった。
そりゃそうだ、Windowsに標準でついてるんだから。
でもやっと、今日、そういうソフトを見つけました。\(^O^)/

SchedulingMan
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/personal/se400603.html

Vector: SchedulingMan – 新着ソフトレビュー:
http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/060629/n0606292.html

動作OSがXPまでだったからどうかと思ったけど、
Windows7でも普通に動きました。(^-^)
設定は凄く簡単で、直感で操作出来ました。

1.左上の欄で実行したい曜日とか時間を設定

2.「送信先アプリケーションを選択してください」と書いてあるところに実行したいプログラムを設定

3.「登録」ボタンを押す

4.「登録」ボタンの下のスケジュールのライブラリみたいなとこに保管される

5.さらに下の「スケジューリング」ボタンを押すとスケジュール実行欄みたいなとこに
  保管したのがコピーされて実行準備オッケーになる

6.右上の「×」で閉じても、タスクトレイに入って、ちゃんとタスクは実行してくれます。
  (ソフトを終了するにはタスクトレイのアイコンを左クリックして、
  「アプリケーションの終了」を選ぶ)

これだけ。(・_・)

今まで悩んだのがバカみたいにさっくり実行されました。(^-^;)

このソフトの良いところは、いろんなソフトを実行させたり、
音で知らせたり出来ること。
作者の方が書いていたけど、ネットショッピングのタイムセールに
使ったり出来るのね~。
実行時に好きな音も流せるってのもいいと思う。

ほんと、こういう簡単なタスクスケジューラでいいのに、
なんでマイクロソフトは難しい方向に行っちゃったんだろう…?

そんなわけで、これからいろいろと、このソフトのお世話になろうと思います。(^-^)

広告

Illustratorの海外チュートリアルを見る時に参考にするサイト

最近、少しずつIllustratorの勉強をしています。(^-^;)

それにしても、Illustratorのチュートリアル…つまり使い方のサイトって、
海外の方が充実していたりします。

自分は英語は苦手です。(T-T)

そんなわけで、翻訳アドオンやらサイトに助けられて読み進めています。

・文章はブラウザのアドオンを使うと便利♪
Firefoxなら「Google Translator for Firefox」を導入するといいかも?
これは英文の選択部分を翻訳してくれます。
長文には向いていません。
まるまる翻訳したいなら、google翻訳等にURL放り込むのが一番だと思います。

・メニューバーの中の項目について
以下のサイトを参照させて頂いてます。

Illustrator Mania – Illustratorの基本的な使い方・チュートリアルなどを紹介!:翻訳
http://illustrator-mania.com/translation/

・使用OSによってショートカットキーが違う場合

Adobe Illustrator * 初期設定のショートカットキー:
http://helpx.adobe.com/jp/illustrator/using/default-keyboard-shortcuts.html

この3つでなんとかなる…かも?(^-^;)
それでも、ものすごく重労働なので、英語の出来る人がさらさらっと翻訳してくれたら
本当に嬉しいと思います。(T-T)
チュートリアルにジョークとか感想交えながら書いてあると大変なんですよ~。(^-^;)

XnviewとAdobe BridgeとCLIP STUDIO PAINT

aiファイル(Illustratorのやつ)が表示したかったんです。(・_・)

普段使っているXnviewでもaiファイルが表示出来ると聞いて、
スクリプト入れたりいろいろやってみた。(・_・)
epsファイル(ベクター形式のファイル)は表示出来るようになったんだけど、
aiだけは無理。(T-T)
スクリプト入れただけで表示出来た人もいるみたいなんだけど、
Ghostscriptの32bitと64bit試してみたり、
GSviewも入れてみたけど、結局ダメだったよ…。
XnviewMPも試してみたけどダメだった。

…疲れた。(_△_)

そして、ふと気がついたのが、
「aiファイルならAdobeの閲覧ソフトで見られるんじゃないの?」ということ。←気づくの遅すぎ
今まで全然手をつけていなかったAdobe Bridgeを起動してみた。
当たり前だけどaiファイルが全部見られました。
しかし、それ以外にも発見がありました。

「CLIP STUDIO PAINTファイルが見える…Σ( ̄□ ̄;)!」

さすがにSAIのファイルは無理だけど、
なんだかほとんどのファイルが見られるようで、
閲覧や検索や整理するんだったらAdobe Bridgeで十分かな、と。
Xnviewはその場で加工まで出来ちゃうのがやっぱり凄いんだけどね!!
なので、普段づかいにはXnview、ベクターいじる時にはAdobe Bridgeを
使っていこうと思います。

ちなみに、これまではAdobe BridgeはAdobe製品を購入したらついてきたらしいけど、
現在なんとAdobe Bridge CC体験版が無料でダウンロード出来るそうです。
体験版って書いてあるけど、サイトでは普通に「ダウンロード」ボタンだけで、
実際DL&インストールした人の報告では、「期限がなさそう」とのこと。
さらにPhotoshop CC体験版をDLしたらCameraRawも起動出来るようになって、
Photoshop CC体験版をアンインストールしてもCameraRawはそのまま使えるそうです。
下記サイトの情報を参考にさせて頂きました。

写真屋はどこへ: Adobe Bridge CCとCamera Raw8.1:
http://timestudio.blog.ocn.ne.jp/blog/2013/09/adobe_bridge_cc.html

そんなわけで、aiファイルの閲覧だけでもしたい人やCameraRawを使いたい人は
Adobe Bridge CC体験版を使ってみるのもいいかも知れません。(^-^)