XnviewとAdobe BridgeとCLIP STUDIO PAINT

aiファイル(Illustratorのやつ)が表示したかったんです。(・_・)

普段使っているXnviewでもaiファイルが表示出来ると聞いて、
スクリプト入れたりいろいろやってみた。(・_・)
epsファイル(ベクター形式のファイル)は表示出来るようになったんだけど、
aiだけは無理。(T-T)
スクリプト入れただけで表示出来た人もいるみたいなんだけど、
Ghostscriptの32bitと64bit試してみたり、
GSviewも入れてみたけど、結局ダメだったよ…。
XnviewMPも試してみたけどダメだった。

…疲れた。(_△_)

そして、ふと気がついたのが、
「aiファイルならAdobeの閲覧ソフトで見られるんじゃないの?」ということ。←気づくの遅すぎ
今まで全然手をつけていなかったAdobe Bridgeを起動してみた。
当たり前だけどaiファイルが全部見られました。
しかし、それ以外にも発見がありました。

「CLIP STUDIO PAINTファイルが見える…Σ( ̄□ ̄;)!」

さすがにSAIのファイルは無理だけど、
なんだかほとんどのファイルが見られるようで、
閲覧や検索や整理するんだったらAdobe Bridgeで十分かな、と。
Xnviewはその場で加工まで出来ちゃうのがやっぱり凄いんだけどね!!
なので、普段づかいにはXnview、ベクターいじる時にはAdobe Bridgeを
使っていこうと思います。

ちなみに、これまではAdobe BridgeはAdobe製品を購入したらついてきたらしいけど、
現在なんとAdobe Bridge CC体験版が無料でダウンロード出来るそうです。
体験版って書いてあるけど、サイトでは普通に「ダウンロード」ボタンだけで、
実際DL&インストールした人の報告では、「期限がなさそう」とのこと。
さらにPhotoshop CC体験版をDLしたらCameraRawも起動出来るようになって、
Photoshop CC体験版をアンインストールしてもCameraRawはそのまま使えるそうです。
下記サイトの情報を参考にさせて頂きました。

写真屋はどこへ: Adobe Bridge CCとCamera Raw8.1:
http://timestudio.blog.ocn.ne.jp/blog/2013/09/adobe_bridge_cc.html

そんなわけで、aiファイルの閲覧だけでもしたい人やCameraRawを使いたい人は
Adobe Bridge CC体験版を使ってみるのもいいかも知れません。(^-^)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中