タスクスケジューラでバッチファイルが動かなかったので

もう何ヶ月も悩んでいた件がやっと解消した。(T-T)

バックアップはHD革命とFreeFileSyncを使っているんですが、
大きなバックアップは一週間に一回で、
ちょっとした小さなバックアップはFreeFileSyncでバッチファイルを作って
クリックしていました。

…めんどくさい。(_△_)

なので、Windowsのタスクスケジューラを使って、
自動実行させようと思って、何ヶ月も前から何度もトライしているんですが、
これが全く動かなくて。(ノ_・、)
昔のタスクスケジューラってこんなにややこしくなかった記憶があるんだけど。
「引数の追加」とか「開始(オプション)」とかわけわからないのが増えてるし。
でも、ちゃんと「開始(オプション)」にパス入れて試したり、
バッチファイルの冒頭部分を書き換えたり、
いろいろやったんだけど、全く動かなかった。
決まった時間にプログラム動かすだけのことが
なんで出来ないのよWindows。

同時にタスクスケジューラっぽいフリーソフトを探していたんだけど、
なかなか見つからなかった。
そりゃそうだ、Windowsに標準でついてるんだから。
でもやっと、今日、そういうソフトを見つけました。\(^O^)/

SchedulingMan
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/personal/se400603.html

Vector: SchedulingMan – 新着ソフトレビュー:
http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/060629/n0606292.html

動作OSがXPまでだったからどうかと思ったけど、
Windows7でも普通に動きました。(^-^)
設定は凄く簡単で、直感で操作出来ました。

1.左上の欄で実行したい曜日とか時間を設定

2.「送信先アプリケーションを選択してください」と書いてあるところに実行したいプログラムを設定

3.「登録」ボタンを押す

4.「登録」ボタンの下のスケジュールのライブラリみたいなとこに保管される

5.さらに下の「スケジューリング」ボタンを押すとスケジュール実行欄みたいなとこに
  保管したのがコピーされて実行準備オッケーになる

6.右上の「×」で閉じても、タスクトレイに入って、ちゃんとタスクは実行してくれます。
  (ソフトを終了するにはタスクトレイのアイコンを左クリックして、
  「アプリケーションの終了」を選ぶ)

これだけ。(・_・)

今まで悩んだのがバカみたいにさっくり実行されました。(^-^;)

このソフトの良いところは、いろんなソフトを実行させたり、
音で知らせたり出来ること。
作者の方が書いていたけど、ネットショッピングのタイムセールに
使ったり出来るのね~。
実行時に好きな音も流せるってのもいいと思う。

ほんと、こういう簡単なタスクスケジューラでいいのに、
なんでマイクロソフトは難しい方向に行っちゃったんだろう…?

そんなわけで、これからいろいろと、このソフトのお世話になろうと思います。(^-^)

広告