ワコムのペンタブの芯のゆるゆるを直してみた

自分は付属のペンは軸が太すぎて疲れてしまうので、
クラシックペンを購入した口なのですが、
あちこちで「後ろの消しゴムの部分を固定するとぶれにくくなるよ」と書いてあったので
やってみようと思ったけど、構造がなんか違うみたいです。(ノ_・、)

というより、カチカチするんじゃなくて、ちょっと、ほんのちょっとゆるいの。(・_・)
でも、セロテープを巻くほどでもないのね。
さらに薄いテープでもダメ。
ガチガチに固定しちゃうとCLIP STUDIO PAINTで描いた時に糸引いたり、
ブラウザで誤作動起こしたりしちゃいます。(-_-)

で、ふと思いついた。(・_・)!

つぶせばいいじゃん。(・_・)

手近にラジオペンチがなかったので、
爪切りでペン先と軸の中に入る部分の境目あたりを
慎重に優しく(ここ重要)ずらしながら何度か挟んでみた。
本当にびみょーに扁平になって、ゆるみがかなり解消されました。
(扁平にし過ぎたら、90度回して挟んで扁平を調整するといいと思う。
最初、扁平にし過ぎて誤作動起こしたのをこうやって戻せたので。)
そして、よくクロッキーで描く時に鉛筆を平ぺったく削るみたいに、
ペンを持った時に「」になるように入れるといいみたい。

ペンを置いた時のぶれが減って、アナログで描くのに近くなって
気持ち良く描けるようになりました♪(^o^)

くれぐれもやり過ぎないように自己責任で。(^-^;)

広告