Evernote Web Clipperのダウングレード

先の記事にちょっと書いたけど、もうちょっと詳しく書いておきます。

Evernote Web Clipperのバージョンが6.0.15になってから、
あちこちで不具合の報告が出ているみたいです。
自分とこも最初おかしかったけど、今は落ち着いている…かな?
でも、設定は英語になっちゃってるし、あまり好きじゃないです。(・_・)(それってワガママ…)
なので、さくっとダウングレードしちゃいました。ヽ(゜▽゜)ノ

ブラウザの設定(右上のみたいなとこ)からアドオンを選んで、
一覧の中からWeb Clipperを選んで「削除」

Evernote Web Clipper のバージョン履歴
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/evernote-web-clipper/versions/
へ行って、一覧の戻したいバージョン(今回はバージョン 5.9.1)のあたりにマウスポインタを持って行くと
右上に「+Add to Firefox」という緑のボタンが出るのでポチッと。

ブラウザにアドオンがインストールされて、再起動をうながされるのでブラウザを再起動

バージョン 5.9.1のWeb Clipperが入っているので、設定を自分の環境に合わせる。
更新したくない場合はアドオン一覧のEvernote Web Clipperの「詳細」から
自動更新をオフに設定しておきましょう。

こんだけ。(・_・)

設定も日本語に戻ったし、よかったよかった♪(^o^)

広告

Evernoteのノートを縮小して印刷してみた

Evernoteはがしがし使っています。(・_・)
ただ、時々使いにくい所もあって困ります。(T-T)

特に困っていたのが、ノートの印刷。(><)

勝手に改ページされて、文字が大きくて、膨大なページ数になったりして。
印刷設定で縮小にしても、1ページの内容が小さくなるだけで、
ページ数は変わらないのね。(-_-)

そんなわけで、いろいろ試行錯誤したけど、
結局はHTMLファイルに変換して印刷するのが良いとわかったです。

ノートのリストのところで右クリック(またはメニューの「ファイル」から)

「ノートをエクスポート(X)…」

「単一のHTML WEB ページファイル(.html)でエクスポート」を選ぶ
150423_ph1

保存先を聞いてくるので、名前を付けてファイルを保存する

後はブラウザでファイルを開いて、
「ファイル」

「印刷プレビュー」

上のメニューにある「拡大/縮小」で縮小率変えたり、
ページの「ページ設定」で余白やヘッダ・フッタを変更して印刷

面倒だけど、これが一番みたいです。(自分の中では)

いまだにクックパッドがGoogle Chrome以外では綺麗に保存出来ないので、
普段Firefox(Cyberfox)メインで使っている自分には面倒です。(ノ_・、)
さらにGoogle Chromeで保存するとCSSが綺麗に保存されるけど
Evernoteがローカルに転送されないので、
Webで一度保存してから同期してWebを削除するという…。
そういうとこ、改善されたらいいのになぁ。(・_・)

あ、最新のEvernote Web Clipperが動作がなんだかなので、
バージョンダウンしようかなと思っています。
↓ここから古いバージョンのは手に入れられるみたいです。

Evernote Web Clipper のバージョン履歴
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/evernote-web-clipper/versions/

もう十分完成されたアドオンだと思うので、あれこれ見た目とかいじらないほうがいいと思うのにな。

とか、最近不満も多いけど、それでも便利だから使い続けると思います。(^-^;)

知らぬ間にWinSAT.exeに悩まされていた件

毎週夜中のある時間になるとパソコンが勝手にHDDにアクセスを始めたり、
画面が不安定になったりすることが続いていた…。

別に全然ホラーな話じゃありません。(_△_)

何か裏で動いているんだろうなーとは思っていました。
タスクスケジューラの中の「何か」。
いつも探し始める頃には「何か」は消えていて、今までつかめずにいましたが、
本日やっとつかまえました。(^-^;)
「WinSAT.exe」というやつ。
CPUも食ってやがる…。(-_-)

調べてみると「Windows エクスペリエンス インデックス」という
HDDとかのハードディスクとOSが上手く組み合わせて作動してるかどうか
Windowsが勝手に調べて勝手に評価してくれるらしい。

…いりませんそんなの…。(-_-)

Windowsタスクマネージャから、とりあえずWinSAT.exeを終了させて、
その評価とやらを手動でやってみたよ。

スタートメニューの一番下の検索に「Windows エクスペリエンス インデックスの確認」と入力すると
目的のところ探してくれるんで、クリックしたら飛べます。 
(最近はコントロール・パネルからたどるのが面倒なのでこんな風にしてます。便利だよ~。)

こんな感じの画面になって、測定がまだだったら上の方に「このコンピューターを評価」というボタンが出てるので押す。
すでに評価された後の画面(下のようなの)になっていたら、下の方にある「評価を再実行」というリンクを押す。
これで測定が始まります。

150412_ph3

評価は1~7.9まであるらしく、7.9なら最高に良い状態だそうですが、あくまでWindowsのお好みなのだそう。
自分のとこはグラフィックスが低くて、総評価が4.5になっているけど、
理由は重くしたくないので余分な表示機能を省いているから。
だから、Windowsが考える心地よさと、各個人の心地よさや便利さは違うのです。(・_・)

話を戻して。

「WinSAT.exe」は必要ないので(必要な時に手動でやればいい)
タスクスケジューラでは無効にしました。(^-^;)

スタートメニューの下の検索欄に「管理ツール」と入力してクリック

一覧から「タスクスケジューラ」を選択(ユーザーアカウント制御が出るのでOKを押す)

タスクスケジューラ画面が立ち上がる

左にある「タスクスケージューラライブラリ」の三角を押すとずらずらーっと出てくるので、
そういう感じで
「タスクスケージューラライブラリ」→「Microsoft」→「Windows」→「Maintenance」
すると真ん中の欄に「WinSAT」が表示されます。
「WinSAT」のところで右クリックして「無効」を選びます。

150412_ph2

あとは右上の×でウィンドウを閉じて終了。
 

やっと、真夜中のパソコンの挙動不審から解放されてホッとしました。(^-^;)