知らぬ間にWinSAT.exeに悩まされていた件

毎週夜中のある時間になるとパソコンが勝手にHDDにアクセスを始めたり、
画面が不安定になったりすることが続いていた…。

別に全然ホラーな話じゃありません。(_△_)

何か裏で動いているんだろうなーとは思っていました。
タスクスケジューラの中の「何か」。
いつも探し始める頃には「何か」は消えていて、今までつかめずにいましたが、
本日やっとつかまえました。(^-^;)
「WinSAT.exe」というやつ。
CPUも食ってやがる…。(-_-)

調べてみると「Windows エクスペリエンス インデックス」という
HDDとかのハードディスクとOSが上手く組み合わせて作動してるかどうか
Windowsが勝手に調べて勝手に評価してくれるらしい。

…いりませんそんなの…。(-_-)

Windowsタスクマネージャから、とりあえずWinSAT.exeを終了させて、
その評価とやらを手動でやってみたよ。

スタートメニューの一番下の検索に「Windows エクスペリエンス インデックスの確認」と入力すると
目的のところ探してくれるんで、クリックしたら飛べます。 
(最近はコントロール・パネルからたどるのが面倒なのでこんな風にしてます。便利だよ~。)

こんな感じの画面になって、測定がまだだったら上の方に「このコンピューターを評価」というボタンが出てるので押す。
すでに評価された後の画面(下のようなの)になっていたら、下の方にある「評価を再実行」というリンクを押す。
これで測定が始まります。

150412_ph3

評価は1~7.9まであるらしく、7.9なら最高に良い状態だそうですが、あくまでWindowsのお好みなのだそう。
自分のとこはグラフィックスが低くて、総評価が4.5になっているけど、
理由は重くしたくないので余分な表示機能を省いているから。
だから、Windowsが考える心地よさと、各個人の心地よさや便利さは違うのです。(・_・)

話を戻して。

「WinSAT.exe」は必要ないので(必要な時に手動でやればいい)
タスクスケジューラでは無効にしました。(^-^;)

スタートメニューの下の検索欄に「管理ツール」と入力してクリック

一覧から「タスクスケジューラ」を選択(ユーザーアカウント制御が出るのでOKを押す)

タスクスケジューラ画面が立ち上がる

左にある「タスクスケージューラライブラリ」の三角を押すとずらずらーっと出てくるので、
そういう感じで
「タスクスケージューラライブラリ」→「Microsoft」→「Windows」→「Maintenance」
すると真ん中の欄に「WinSAT」が表示されます。
「WinSAT」のところで右クリックして「無効」を選びます。

150412_ph2

あとは右上の×でウィンドウを閉じて終了。
 

やっと、真夜中のパソコンの挙動不審から解放されてホッとしました。(^-^;)

広告