源ノ明朝をインストールしてみた

Adobeからオープンソースのフォント「源ノ明朝」が公開されました。(^o^)
「源ノ角ゴシック」や改造版の「源暎ゴシック」をよく使っているので、
明朝が出たのが本当に嬉しいです。

でも、ちょっとダウンロードの際に戸惑ってしまったので、
やり方をメモしときます。(・_・)

※ AdobeのTypeKitから入手出来るけど、自分は GitHubページからDLしました

手順
どのフォントをダウンロードするかは下のpdfファイルにフローチャートがあるので確認

http://www.adobe.com/content/dam/Adobe/en/products/type/pdfs/download-guide-source-han.pdf

pdfファイルの左メニューから日本語を選んで、手順通りやればオッケーヽ(゜▽、゜)ノ

いやいや、そんなざっくり説明しすぎ!!(_△_)
というわけで、自分の場合やったことをさらにメモします。

<自分とこの環境と条件>
OS:Windows7
条件:InDesignは使ってない、とりあえず普通にフォント使いたい

1.まずGitHubの「源ノ明朝」ダウンロードページに行きます。

https://github.com/adobe-fonts/source-han-serif/tree/release/ (←別窓で開きます)

2.左の「Branch」のところが「release」になってるか確認
170404_ph1

3.ダウンロードするフォントの種別を決める
OSがmacの人
バージョン10.8以降&全部のウェイトが欲しい → SuperOTC
バージョン10.8以降&全部でなくていいい → OTC OTF SubsetOTF

バージョン10.8以前 → OTF SubsetOTF

OSがWindowsの人
■InDesignを主に使う
→ Windows10「Anniversary Update」以降のシステム→ OTC OTF SubsetOTF

■InDesignを主に使う
→ Windows10「Anniversary Update」以前のシステム→ OTF SubsetOTF

■その他・InDesignを使ってない → SubsetOTF

結局
「macでバージョン10.8以降で全部欲しい人」「SuperOTC」
「それ以外の人」「SubsetOTF」

にしとけば大丈夫な気がする、たぶん

4.決まったら一覧の中から選んでクリックする
(自分は「SubsetOTF」を選びました。それ以外のケースは申し訳ありませんが、pdfの説明読んで下さい、ほんと書き切れないくらいややこしいんで)
170404_ph2

5.種別のページに飛ぶので、自分の国のフォントを選ぶ
170404_ph3

6.ウェイト一覧が出るので、好きなのを選ぶ
170404_ph4

7.選ぶとダウンロードのページに飛ぶので、ダウンロードのボタンを押して保存する
170404_ph5

8.あとはシステムにインストールするなり、NexusFontとか使って一時利用するなり、ご自由に。(^-^)

ちなみにフォントはこんな感じです。

広告

いつの間にか「ネスカフェ プレジデント」が通年販売になっていた

以前の記事に書いていた大好きな「ネスカフェプレジデント」の限定再販売。
ギフトの限定再販売を買って、ちまちま飲み繋ぐしかない…と思っていたら、
再販売希望の声が非常に多かったらしく、なんと昨年9月から通年での再販売が
決定していました。(_△_)

知らなかったよ…。(_△_)

でも、嬉しい。(^o^)
これで、いつでも新鮮なネスカフェ プレジデントが飲める!!\(^O^)/

個人的には、朝食後に小さいカップで滅茶苦茶濃いめに入れたストレートで飲むのが好きです♪
ちょっとぬるくなったあたりで飲むと、ひときわ香りが感じられて、とても幸せな気分になります。

ネスレさん、再販してくれて有り難う。
(ついでにマギーブイヨンの化学調味料無添加のビーフコンソメも作ってくれると嬉しい…)

PowerDVDのプレイリストを「全部」一度にバックアップ

ブルーレイを見るためにPowerDVDを半年くらい前に買いました。(・_・)
他にもブルーレイ再生ソフトはあって比較したんだけど、試用版使ってみたら、
PCがカクカクするようになって、システム全体が不安定になったから、
結局PowerDVDにしました。

というか、選択肢がほとんどなかった…。(_△_)

そんなことはさておき、
音楽ファイルや動画ファイルの再生機能もなかなか良くて、
音楽聞くのにも使ったりしています。
(なんかメモリ使う作業する時には、軽いメディアプレイヤー使いますが)
で、もちろん「プレイリスト」機能があります。
そして、大概のメディアプレイヤーがそうだと思いますが、

プレイリストのエクスポートは個別です。

なんで一気に出来ないんだろう…。(T-T)

そういうわけで、PowerDVDのプレイリストのファイルの場所を突き止めたのでメモ。

C:\Users\User\AppData\Local\Cyberlink\PowerDVD16\DB1048\playlist
(うちの場合はDにあるけど)

この中に
Playlist.db
Playlist.db-journal
という、データベースに関するファイルがあるので、これをごっそり保存しておいて、
何かあったらごっそり戻せばいいと思います。(^-^)

ちなみに、Playlist.dbをエディタで文字コード「UTF-8」にして開くと
プレイリストの中身が確認出来ます。(・_・)b

それにしても、メディアプレイヤーのプレイリストって、なんで個別エクスポートばかりなんだろう?
他のプレイヤーでも再生出来るm3u形式で個別に保存出来るのはもちろん必要だけど、
プレイヤーが1つしか使っていないような環境だったら、ごっそり保存のやり方も
説明しておいてくれるといいのにな~。