源ノ明朝をインストールしてみた

Adobeからオープンソースのフォント「源ノ明朝」が公開されました。(^o^)
「源ノ角ゴシック」や改造版の「源暎ゴシック」をよく使っているので、
明朝が出たのが本当に嬉しいです。

でも、ちょっとダウンロードの際に戸惑ってしまったので、
やり方をメモしときます。(・_・)

※ AdobeのTypeKitから入手出来るけど、自分は GitHubページからDLしました

手順
どのフォントをダウンロードするかは下のpdfファイルにフローチャートがあるので確認

http://www.adobe.com/content/dam/Adobe/en/products/type/pdfs/download-guide-source-han.pdf

pdfファイルの左メニューから日本語を選んで、手順通りやればオッケーヽ(゜▽、゜)ノ

いやいや、そんなざっくり説明しすぎ!!(_△_)
というわけで、自分の場合やったことをさらにメモします。

<自分とこの環境と条件>
OS:Windows7
条件:InDesignは使ってない、とりあえず普通にフォント使いたい

1.まずGitHubの「源ノ明朝」ダウンロードページに行きます。

https://github.com/adobe-fonts/source-han-serif/tree/release/ (←別窓で開きます)

2.左の「Branch」のところが「release」になってるか確認
170404_ph1

3.ダウンロードするフォントの種別を決める
OSがmacの人
バージョン10.8以降&全部のウェイトが欲しい → SuperOTC
バージョン10.8以降&全部でなくていいい → OTC OTF SubsetOTF

バージョン10.8以前 → OTF SubsetOTF

OSがWindowsの人
■InDesignを主に使う
→ Windows10「Anniversary Update」以降のシステム→ OTC OTF SubsetOTF

■InDesignを主に使う
→ Windows10「Anniversary Update」以前のシステム→ OTF SubsetOTF

■その他・InDesignを使ってない → SubsetOTF

結局
「macでバージョン10.8以降で全部欲しい人」「SuperOTC」
「それ以外の人」「SubsetOTF」

にしとけば大丈夫な気がする、たぶん

4.決まったら一覧の中から選んでクリックする
(自分は「SubsetOTF」を選びました。それ以外のケースは申し訳ありませんが、pdfの説明読んで下さい、ほんと書き切れないくらいややこしいんで)
170404_ph2

5.種別のページに飛ぶので、自分の国のフォントを選ぶ
170404_ph3

6.ウェイト一覧が出るので、好きなのを選ぶ
170404_ph4

7.選ぶとダウンロードのページに飛ぶので、ダウンロードのボタンを押して保存する
170404_ph5

8.あとはシステムにインストールするなり、NexusFontとか使って一時利用するなり、ご自由に。(^-^)

ちなみにフォントはこんな感じです。

広告