PowerDVDのプレイリストを「全部」一度にバックアップ

ブルーレイを見るためにPowerDVDを半年くらい前に買いました。(・_・)
他にもブルーレイ再生ソフトはあって比較したんだけど、試用版使ってみたら、
PCがカクカクするようになって、システム全体が不安定になったから、
結局PowerDVDにしました。

というか、選択肢がほとんどなかった…。(_△_)

そんなことはさておき、
音楽ファイルや動画ファイルの再生機能もなかなか良くて、
音楽聞くのにも使ったりしています。
(なんかメモリ使う作業する時には、軽いメディアプレイヤー使いますが)
で、もちろん「プレイリスト」機能があります。
そして、大概のメディアプレイヤーがそうだと思いますが、

プレイリストのエクスポートは個別です。

なんで一気に出来ないんだろう…。(T-T)

そういうわけで、PowerDVDのプレイリストのファイルの場所を突き止めたのでメモ。

C:\Users\User\AppData\Local\Cyberlink\PowerDVD16\DB1048\playlist
(うちの場合はDにあるけど)

この中に
Playlist.db
Playlist.db-journal
という、データベースに関するファイルがあるので、これをごっそり保存しておいて、
何かあったらごっそり戻せばいいと思います。(^-^)

ちなみに、Playlist.dbをエディタで文字コード「UTF-8」にして開くと
プレイリストの中身が確認出来ます。(・_・)b

それにしても、メディアプレイヤーのプレイリストって、なんで個別エクスポートばかりなんだろう?
他のプレイヤーでも再生出来るm3u形式で個別に保存出来るのはもちろん必要だけど、
プレイヤーが1つしか使っていないような環境だったら、ごっそり保存のやり方も
説明しておいてくれるといいのにな~。

広告

uBlockの左のアレの出し方

昨日から、ブラウザをいろいろいじったり、再インストールしたりしている。
なんだかんだで、Cyberfoxが重くなってしまったので、
「Cyberfox portable」に戻ることにした。(^-^;)
古いのが残っていたから、アップデータをネットからDLして、
すんなりと最新バージョンに出来たけど、
まだまだアドオン周りが完全ではなかったり。(ノ_・、)
あああ、気がつけば、uBlock Originのアレが出てない。

アレというのは左のエリアのこと。

161118_ph1

「要素隠蔽フィルター」というらしい。(そして、この名前は毎回忘れる)
これが結構便利なので常に出しているのだ。(・_・)
こんなに便利なのに、一度設定してしまうと、ほとんど放置なので、
ブラウザ入れ替えたりすると毎回つまずく。(ノ_・、)
だから、ここに書いておこうかと。

1.uBlock Originのアイコンをクリックして、表示させて、
上に出ている「uBlock Origin ○.○.○○」と書いてある灰色のバーをクリック

2.ダッシュボードが表示されるので、「設定」タブを押す

3.「デフォルトの動作」内にある「要素隠蔽フィルターを無効にする」にチェック

あとは、「要素隠蔽フィルター」をサイトごとにいろいろその都度いじる。(・_・)

フィルター入れたり、カスタマイズしているけど、今回は割愛。(^-^;)

なぜか、Firefox系はフラッシュプレイヤー入れていると、いきなり固まってパソコンごと落ちるので、
動画関連はIronで見ることにしています。(T-T)
ハードウェアアクセラレーションのチェックを外しても直らないのよねー。

Windows10のアップデートが防御を突破してきた件

Windows10では動かない重要なソフトがいくつかあるので、
自分とこはアップデートは見送っています。

  • Windows Updateの更新通知は切ってる
  • レジストリの設定で10のアイコンは表示させない・ブロックする

こんな感じで封鎖していたから、ちょっと安心していた。(・_・)

しかし、敵は斜め上からやってきた!!Σ( ̄▽ ̄;)

本日12日、何ヶ月ぶりかで更新のお知らせが表示された

「なんでだ?通知は切っていたはずなのに!?」

お知らせには「すっごく重要な更新があるから更新してよね(はぁと)」
みたいなことが書いてあったので、数日前にシステムのバックアップは取ってあったので、
試しに更新してみたよ。

そしたら、窓が表示されたさ。ヽ(´▽`)ノ

もちろん、すぐにバックアップからシステムを復帰させたけど、
なんだか恐怖を感じたよ。(T-T)
今までの対策が無駄ってことだよね?
たまたま、パソコンの前にいたからいいけど、
これからは安心して離席出来ないなーと思いました。(ノ_・、)

一昨日だかのニュースでマイクロソフトがWindows10がらみのトラブルで
サポート人数を増やしたという記事を見たけど、
こんな風に勝手にアップデートしないようにすれば、
無駄な人件費いらないんじゃないかと思う。

検索してみると、早速ちらほら「対策していたのに窓マークが出てきました」という
報告が出てきている。
やっぱりうちだけじゃなかったのね…。

とりあえず、今後は離席の際は電源落とすか、回線切っておくしかないかな。(-_-)

その後、一つ一つ見直してみたら、
設定していた「Windows Updateサービスの停止」が無効になっていた。Σ( ̄□ ̄;)
わざわざ外した覚えもないし、ESETが外すわけないし…謎だ。
そんなわけで、また、設定し直した。

Windows Updateサービスの停止のしかた

「スタート」-「プログラムとファイルの検索」ボックスに「services.msc」と入力してEnterキーを押す

windows updateサービスをダブルクリック

「スタートアップの種類」を「無効」にし、「サービスの状態」を「停止」とする

これでWindows Updateの自動更新はされません。(ユーザー権限では手動での変更もできません。)